スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

66と63

2009⁄08⁄14(金) 18:31
66と63の違い

別に今更語ることでも無い気もするけど

基本的に66は偶発展開、63は役割展開の占めるウェイトがでかいです

その理由は、見せ合い選出の有無です

当たり前だけども

見せ合いが無いと、最後までお互いの役割関係がわからない

だからお互いのポケモンが完全にわかるまでは

役割遂行したポケモンを切ることにすらリスクが伴うわけです

誰も死なせてはならないっていうことになってしまうのです

実際は、そのリスクは許容しなければどうしようもないんだけども

つまり、リスクの大小はあれど、完全に直感で行動を選択しなきゃいけない場面が出てくるわけです

その結果、負けた理由が「運が悪かった」ってなる危険性を強く孕んでおります

CheckしてもActできなきゃどうしようもないです

さらに、選出が無いと、相手のパに役割を持てる相手がいなくても出さなきゃいけません

完全にパから浮いてしまうポケモンが存在しうるわけです

逆に、役割が重くなりすぎる可能性もあります

一匹で三匹も四匹も相手するのは大変だと思います

結局、ある程度誰とでも撃ち合えたり、役割の広いポケモンが好まれるわけですが

66では特に前者が重要かな


まとめると、試合展開が66では相手依存、63では自分依存ってとこですかね

63では事前に想定できることが多い

結果、比較的運ゲ相性ゲになりづらい

66では相手のパによる自分のパの強さのブレがでかいです

だからメタ要素もより大きくなるのかな



だから、事前に想定することができる63を机上論では基本ルールとして取り扱います

とはいっても実際は66で戦う場面も多いだろうけども

まぁこんなとこかな

どこにでも書いてあるようなことだけども

しかし文章力も内容も無いなぁ((

まぁひっそりと。
スポンサーサイト

TOP

役割理論を学んで

2009⁄08⁄15(土) 07:04
役割理論を学んだのはいつ頃だろう

多分今年の五月くらい

それまでも、対戦中に相手のメンバーをメモして

何を温存するか、切るかという立ち回りの判断

まぁそんな役割理論的な考えを使ってはいたけど

役割理論を学んでみて構築や立ち回りの手がかりを手に入れた


役割理論で学んだことって

ポケモンにはそれぞれ役割があるっていうそのまんまのことなんだけど

役割を持つ持たれるの関係や

それを崩したり崩されたらどうなるか

なんつーか言葉にするの難しいなぁ

六匹のポケモンの存在理由は同じじゃないっていうのかな

相手のポケモンを倒したって、遂行と破壊では意味が変わってきますよね

そんなこと理解してなかったなぁ

そいで、役割が残ってるポケモンは切れないっていう当たり前のこともあまり


なんつーか1VS1交換に対する見方は全然変わってきますよね

ハピのカウンターは物理アタッカーに役割破壊できるから強いとか

ドサイドンはハピにカウンターされるからハピに負けるとか

そんなの糞だって断言できますものね

がむしゃらも似たようなもんかな


後は、役割を持つことだけじゃなく持たれることへの意識かな

ポケモンには役割を持てるっていう+要素と

役割を持たれるっていう?要素があって

パによっては?要素の方がでかくなる場合もあると

いない方がいいっていう話

後続が全くヘラを受けられないのに

「物理受けっ><」とか言ってカバを入れる際のリスクみたいな

そういう意味で自主退場技っていいですよね

役割を遂行して+要素を発揮した後に速やかに退場して?要素をさらっていく

その際に大ダメージを与えられたりするんですもの

でも僕は+要素しか見れてなかったわけですね

メリットだけを見てデメリットを見れないってのは誰でもやりがちなんでしょうけど

毒々信者やステロ信者(別にその技自体を否定してるわけではない)なんかその代表な気もします


そんな色々な考え方は結局役割理論に集約されてて

僕はポケモンって哲学だなぁって思いますよ

とはいっても僕はまだまだ全然未熟なんですけどね(



その役割理論を頭にいれて立ち回ったり

所謂Do、実戦はまだしてないんですね

厳選とか色々めんどくてやる気が出ないんです

実戦すると多少は実力つくんでしょうけども

てか今僕に必要なのはそれですね。

まぁひっそりと。

TOP

役割破壊

2009⁄08⁄16(日) 09:04
ガブリアスの大文字はエアームドへの役割破壊

まぁよく聞く話ですね

でもなんか巷では役割破壊って

裏をかかなきゃいけない 的な雰囲気がありますよね

物理ATの特殊技=役割破壊技 みたいな

ポケモンの役割を物理AT、特殊AT、物理受け、特殊受けと区分するからそうなるんでしょうが

じゃあ巷でよく聞く二刀流ってなんですか?

ガブリアスの大文字は役割破壊なんですか?二刀流なんですか?

猿は役割破壊の申し子なんですか?

自分で言っててわけわからなくなってきたけども



そもそもポケモンって偶発を除いたら

役割を持つポケモンと

役割を持たれるポケモンとしか対面しませんよね

役割を持つポケモンに撃つ技を遂行技

役割を持たれるポケモンに撃つ技を(役割)破壊技

これだけの簡単な話なんじゃないんですかね

ちなみにこれじゃ完全に区分できませんけども

どっちの要素も含んでることを 一貫性がある

って表現するんじゃないんですかね

役割を持てないポケモンなら

所謂メインウェポンが遂行技、サブウェポンが破壊技

まぁ有用な破壊技の存在のせいで役割を持てなかったりもするわけですが

そもそも遂行技と破壊技って分けること自体ナンセンスなのかもしれませんね

遂行技だって、役割を持つポケモンにしか効かないとは限りませんし

遂行性能と破壊性能をそれぞれの技が孕んでる

それだけでいいような気もするです

実際ポケモンの性能自体相対的なものだから

遂行性能や破壊性能ってのも絶対的なものじゃないんですけどね


結局何を言いたいのかわからない雰囲気だけども

まぁひっそりと。

TOP

PDCAサイクル

2009⁄08⁄17(月) 11:25
最近長文を書いてるとなぜか携帯が再起動する

決まって、文章が終わりに近づいた時です

これは大変はらただしいことです

一所懸命書いた文章がパーになるんですもの

長文を書いてる時しか再起動は起きないってことは

なんか長文書いてると起きるエラーがあるのかな

怖いなぁ 段落終わるごとにコピーしておこうかな



で、書いてた文章。PDCAサイクルについて

ポケモンはPDCAサイクルを一周するごとにスパイラルアップする

よく聞く話ですよね

PDCAサイクルってなんやねんと思ったのでWikipediaで調べたら

Plan、Do、Check、Actの頭文字をとったものらしいですね

計画を立てて、それを実行して、その結果をまとめて、反省する

みたいな感じかな

まぁ当たり前の話かもしれませんね

ここからは自分なりの解釈なので色々大目に見てください><

ポケモンにおいてPlanは育成論、机上論

ポケモンは数字のゲームなので全てを頭の中で想定できます

なのでPlanが最重要視されてますね

ただし、理論的に全てを想定できるとはいっても

そんなことできる天才ってそういないと思います

もしいたらお会いしたいものです

そこで、Doするわけです

実戦をして、Planしたことを実行してみる

上手くいったり、上手くいかなかったりするでしょう

そして幾多ものDoを乗り越えたらCheck

PlanとDoの結果を比較します


何が上手くいって、何が上手くいかなかったか

Planしてなかったのに上手くいったことも。

続きます

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。