スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

66と63

2009⁄08⁄14(金) 18:31
66と63の違い

別に今更語ることでも無い気もするけど

基本的に66は偶発展開、63は役割展開の占めるウェイトがでかいです

その理由は、見せ合い選出の有無です

当たり前だけども

見せ合いが無いと、最後までお互いの役割関係がわからない

だからお互いのポケモンが完全にわかるまでは

役割遂行したポケモンを切ることにすらリスクが伴うわけです

誰も死なせてはならないっていうことになってしまうのです

実際は、そのリスクは許容しなければどうしようもないんだけども

つまり、リスクの大小はあれど、完全に直感で行動を選択しなきゃいけない場面が出てくるわけです

その結果、負けた理由が「運が悪かった」ってなる危険性を強く孕んでおります

CheckしてもActできなきゃどうしようもないです

さらに、選出が無いと、相手のパに役割を持てる相手がいなくても出さなきゃいけません

完全にパから浮いてしまうポケモンが存在しうるわけです

逆に、役割が重くなりすぎる可能性もあります

一匹で三匹も四匹も相手するのは大変だと思います

結局、ある程度誰とでも撃ち合えたり、役割の広いポケモンが好まれるわけですが

66では特に前者が重要かな


まとめると、試合展開が66では相手依存、63では自分依存ってとこですかね

63では事前に想定できることが多い

結果、比較的運ゲ相性ゲになりづらい

66では相手のパによる自分のパの強さのブレがでかいです

だからメタ要素もより大きくなるのかな



だから、事前に想定することができる63を机上論では基本ルールとして取り扱います

とはいっても実際は66で戦う場面も多いだろうけども

まぁこんなとこかな

どこにでも書いてあるようなことだけども

しかし文章力も内容も無いなぁ((

まぁひっそりと。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。