スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

役割理論を学んで

2009⁄08⁄15(土) 07:04
役割理論を学んだのはいつ頃だろう

多分今年の五月くらい

それまでも、対戦中に相手のメンバーをメモして

何を温存するか、切るかという立ち回りの判断

まぁそんな役割理論的な考えを使ってはいたけど

役割理論を学んでみて構築や立ち回りの手がかりを手に入れた


役割理論で学んだことって

ポケモンにはそれぞれ役割があるっていうそのまんまのことなんだけど

役割を持つ持たれるの関係や

それを崩したり崩されたらどうなるか

なんつーか言葉にするの難しいなぁ

六匹のポケモンの存在理由は同じじゃないっていうのかな

相手のポケモンを倒したって、遂行と破壊では意味が変わってきますよね

そんなこと理解してなかったなぁ

そいで、役割が残ってるポケモンは切れないっていう当たり前のこともあまり


なんつーか1VS1交換に対する見方は全然変わってきますよね

ハピのカウンターは物理アタッカーに役割破壊できるから強いとか

ドサイドンはハピにカウンターされるからハピに負けるとか

そんなの糞だって断言できますものね

がむしゃらも似たようなもんかな


後は、役割を持つことだけじゃなく持たれることへの意識かな

ポケモンには役割を持てるっていう+要素と

役割を持たれるっていう?要素があって

パによっては?要素の方がでかくなる場合もあると

いない方がいいっていう話

後続が全くヘラを受けられないのに

「物理受けっ><」とか言ってカバを入れる際のリスクみたいな

そういう意味で自主退場技っていいですよね

役割を遂行して+要素を発揮した後に速やかに退場して?要素をさらっていく

その際に大ダメージを与えられたりするんですもの

でも僕は+要素しか見れてなかったわけですね

メリットだけを見てデメリットを見れないってのは誰でもやりがちなんでしょうけど

毒々信者やステロ信者(別にその技自体を否定してるわけではない)なんかその代表な気もします


そんな色々な考え方は結局役割理論に集約されてて

僕はポケモンって哲学だなぁって思いますよ

とはいっても僕はまだまだ全然未熟なんですけどね(



その役割理論を頭にいれて立ち回ったり

所謂Do、実戦はまだしてないんですね

厳選とか色々めんどくてやる気が出ないんです

実戦すると多少は実力つくんでしょうけども

てか今僕に必要なのはそれですね。

まぁひっそりと。
スポンサーサイト

TOP

Comment

Trackback

http://3t4k5toshite.blog63.fc2.com/tb.php/3-71b2095b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。